療法食に乳酸菌ちゅ~るをかけたら食べてくれました

我が家の猫はシュウ酸カルシウム結石と診断され、療法食を食べることに。でも、見事に食べてくれません。

あれこれ手を尽くして最終的に乳酸菌ちゅ~るをかけたらようやく食べてくれました。

スポンサーリンク

我が家の猫のfavorite, 乳酸菌ちゅ~る

我が家の猫はとにかく乳酸菌ちゅ~るが大好きです。これですね:

普通のちゅ~るはどろっとした感じですが、こちらはもっと液体な感じです。瓶の形もそうですがヤクルトみたいな感じです。

もちろん普通のちゅ~るも好きなのですが、乳酸菌ちゅ~るは食いつきからして違います。これを取り出して瓶を振った瞬間ににゃーにゃー言い始め、すごい勢いで食べます。

療法食にこれをかければ食べるのでは!?

どうやっても療法食を食べてくれないので、最終手段としてこれをかけてやることに。

すると・・・食べてくれました!

乳酸菌ちゅ~るは液体なので療法食にしみこみ、味や臭いが乳酸菌ちゅ~るになるみたいです。

手からあげて食べてくれ、その後餌入れに入れて置いておいたら自ら食べてくれました。

本当はかけないほうがいいんだろうけど

療法食を食べるということは本当はこのようなおやつをあげるべきではないのかもしれません。

なので、できるだけ少量で、かつだんだんと減らしたいと思っています。

全然食べないので心配していた妻も少し安心してくれたようです。このまま療法食になれてくれることを祈ります。

猫

こんなの子供だましね。あたいは気づいていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました