買ってよかったもの: 貝印 KAI T型 ピーラー SELECT100 DH-3000

貝印 KAI T型 ピーラー SELECT100 DH-3000セミリタイア

新しく書き始める、セミリタイア生活を目指す節約生活の中でも買ってよかったものシリーズです。第1回は貝印のピーラー(皮むき器)です。

スポンサーリンク

全身金属製のピーラー

この貝印のピーラーは全身が金属製で風格漂うピーラーです。

お値段は1,000円ほどと、100均で皮むき器が買える時代になかなかの高額商品です。

見た目にも高級感があり、物欲が満たされます。

なでただけで皮がむける!!

このピーラー、恐ろしく切れ味が鋭いです。

普通のピーラーは野菜に刃を立て、引っ張るようにして皮をむくかと思います。

このピーラーはなでるだけでほとんど力を入れることなく皮がむけます。夫も妻もその感触にびっくりしました。

硬いかぼちゃの皮はさすがになでるだけとはいきませんが、そんなに力を入れずにすぱすぱ皮がむけました。

爪が刃に当たっただけでむけた!!

そんな切れ味を体感したのが爪でした。

このピーラーを乾かすために立てておいたときのこと。ピーラーの向こう側にあるものをとるために手を伸ばしたところ、ピーラーの刃に指の爪が当たってしまいました。

普通のピーラーならピーラーの方が弾かれるかと思いますが、このピーラーは、ピーラー自体は動かず、爪の表皮がむけました。。。

これはもはや刃物です。取り扱いには注意が必要です。

芽かきはこっち向きでいい?

このピーラーにはジャガイモの芽などをとるめかきがついているのですが、この向きが私には逆に思えます:

反対側についていた方が使いやすいです。

でも、妻はこっち向きで違和感がないというので人の好みかも。両方につけてくれればいいのに。

料理のストレスが激減

材料をむいたり切ったりする作業は料理の中でもストレスがたまるところかと思います。

よく切れる刃物を使うと良いとは言いますが、ピーラーにまでこだわっている人は少ないかと思います。この貝印のピーラーを使えばストレスが減ること間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました