(妻)猫記録:結石が見つかるまで①

我が家へやって来た直後の猫。無限の体力を誇りました

我が家に子猫がやって来た

ペット可の物件へ引っ越したことと、その頃は夫の体調が安定していたこともあり、かねてよりお迎えしたかった猫を飼うことに

保護猫カフェや譲渡会、猫カフェやペットショップをあちこち回り、今の猫に巡り合いました

とにかく元気な子猫時代

我が家へやって来る道中では、キャリーの中で不安げな声を上げていた猫ですが、家に到着してからはすぐさま部屋の中を探検したり、ボールで遊んだりという慣れっぷり。
初めから大物感にあふれる猫。

3歳過ぎに受けた血液検査で高Ca値が発覚するまでは、病院にお世話になったのは、避妊手術の時とワクチン接種のみ。風邪をひいたことも、お腹を壊したことも無い、我が家でいちばんの健康優良児でした。

唯一気になっていたところ

そんな猫の健康面で、唯一気になっていたのは、便秘気味だったこと。
一日半に一回くらいのお通じで、コロコロなうんち。上記のとおり、下痢をしたことはありませんでした。

そして、うんちをする時に時折あげる悲しげな鳴き声。今思うと、これは便秘だけではなく、おしっこにも問題があったのかもしれません


←「妻による、猫の日常+闘病記録を始めます」へ戻る   「結石が見つかるまで②」へ進む→

猫記事一覧」へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました