2020年の家計簿の振り返り セミリタイアを目指した1年目の家計はどうだったのか

収入セミリタイア

ついにセミリタイアを目指した1年目が終わりました。果たして、1年目の家計はどうだったのでしょうか。

2020年の収支

収入

まずは収入編です。

収入予算2020年の実際
妻のパートの稼ぎ1,680,0001,972,504
夫のブログ等収入360,0001,368,295
夫の障害年金720,000568,472支給が遅れたので未達
合計2,760,0003,909,271

結果としては大幅に予算を上回ることができました。大きかったのは夫のクラウドワークス。なかなかいい感じで稼ぐことができました。また、ブログも思ったよりも堅調に推移し、夫の収入が予算の3~4倍に。

障害年金も年末近くになって支給が決定し、これも家計を下支えしてくれたのがうれしいところ。

とりあえず2年間の限定支給ではありますが、なんとか継続とならないよう体調を整えていきたいです。

障害年金を入れると夫と妻の収入がほぼ半々になりました。

ちなみに、これに20万円分の支給金がありますが、それは入れていません。

支出

項目予算2020年の実績 
食費720,000717,443 
家具・家電240,000397,080パソコンを買ったり洗濯機を買い替えたりと、何かとかさんだ
現金引き出し120,000105,669
日用品120,0001,203,381猫関連が1,064,914円と大部分を占める。
衣服・美容180,000104,427
家賃295,320295,320マンションの管理費と修繕積立金
税金0538,710夫の休職中の社会保険等
趣味120,00051,319夫のギター用品が主 
水道、電気、ガス192,000178,046
交通費14,00037,127猫を遠くの病院までタクシーで連れていく費用が高かった
保険8,4001,400モバイル保険を途中解約 
医療120,00053,200夫の医療費は現金で手持ちのお金から支払い
通信費72,00091,616スマホ2台+チャットワークス月額費用+NHK、NHKの契約が変わったので2年分取られている
新聞・書籍84,00028,524新聞を途中解約 
交際・娯楽費29,60062,580妹の出産祝いのため
その他00 
合計2,990,4363,872,222 

誤算はなんといっても日用品に含まれている猫の医療費。交通費に分類されている通院のためのタクシー代を入れると、手術も行ったので、百万円以上がかかりました。動物の医療費は引くほどかかるというのは本当ですね。

また、その陰に隠れてはいますが、電化製品の費用も予算を超過しました。パソコンを買い替えたり、洗濯機を買い替えたりとちょっと多すぎました。来年はあまり壊れるものがないといいなぁ。

2020年の収支は?

結論として、2020年の収支は、

3,909,271 – 3,872,222 = 37,049円

とわずかながらプラスに。猫の医療費があれだけかかってこれなら立派なのではないでしょうか。

初年度を終えて

セミリタイア生活の1年目を終えて思ったのは、大人二人だけであればセミリタイア生活は意外と何とかなるということです。

生活に大きな変動がないので、支出は安定していますし、収入も二人いれば多少の変動があっても何とかなります。

が、猫が大きな変動要因というのは誤算でした。猫の医療費が高いというのは知っていましたが、まさか我が家の猫が4歳にして手術をすることになるとは。。。

幸い、手術のおかげでかなり元気にはなりましたが、家計にとってはつらいところでした。来年は元気でいてくれよ、と思っていたけど、早速年末に大きな結石が見つかり。。。まだまだお金がかかりそうです。

ともかく、2021年もこの調子でやっていければ、と思えた1年でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました