2020年8月の家計簿の振り返り

収入セミリタイア

今月はとにかく猫の手術につきます。動物の医療費はひくほど高いといいますが、まさにその通りでした。

2020年8月の収支

収入

まずは収入についてです。

収入予算2020年7月の実際
妻のパートの稼ぎ140,000150,793
夫のブログ等収入30,00059,012クラウドワークスが振り込み金額以下だったのでちょっと少ない
夫の障害年金60,0000相変わらず申請中
合計230,000209,805

今月はクラウドワークスの報酬が振り込み金額(5万円)以下だったので繰り越しとなり、全体的に収入が少ない月となりました。新しい案件をとってみたので来月は増えるかな?

障害年金は問い合わせてみましたが、あいかわらず審査中のよう。もらえるにせよもらえないにせよ、早く決着をつけてほしい。

支出

支出は猫の手術がとにかく高かったです。

項目予算2020年7月の実績 
食費60,00076,966 
家具・家電20,0003,244空気清浄機のフィルター 
現金引き出し10,0000 
日用品10,000641,111猫の通院費用をここに計上。猫の手術約60万円+通院費用がほとんど
衣服・美容15,0000
家賃24,61024,610マンションの管理費と修繕積立金
税金00
趣味10,0009,925夫の趣味のギター費用 
水道、電気、ガス16,00011,262電気8,249+ガス3,013
交通費14,0005,492
保険7000 
医療10,0000夫の医療費は手持ちの現金から支出
通信費6,0002,440スマホ2台(請求書未発行のため概算)+チャットワークス月額費用
新聞・書籍7,0000 
交際・娯楽費2,3000
その他00 
合計249,203775,055 

見ての通り、猫の医療費がほとんどを占めています。

でも、手術も終わったので、これでしばらくは猫の医療費も落ち着くはず。とりあえず、元気にはなってくれたのでやったかいはあったかな。

これでしばらくは定期的な通院だけで済んでくれればいいのだけど。

猫の医療費を弾くと支出は14万円ほどといい感じで抑えられています。この調子でいければセミリタイア生活も問題なさそうですが、果たして。

夫の働き方をどうするかが問題

夫は相変わらず病気持ちですが、セミリタイア生活を目指してクラウドワークスでスキルを向上しています。

そして、先月は新しい案件を2~3つほど取りました。これで収入は上がるはずですが、一方で健康の方が大事なのも事実。どういう風に働いていくのか、しばらくは模索する日々が続きそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました