2020年9月の家計簿の振り返り

セミリタイア

猫の手術があった先月に比べ、今月はだいぶ落ち着きました。このまま大きな波を起こさないようにやっていきたいものです。

2020年9月の収支

収入

まずは収入についてです。

収入予算2020年9月の実際
妻のパートの稼ぎ140,000147,289
夫のブログ等収入30,000138,252
夫の障害年金60,0000相変わらず審査待ち
合計230,000285,541

今月は割と夫のクラウドワークスの案件が多く、予算を大幅にこしました。ちょっとやりすぎた感もあるので、体調を見ながらやっていきたいです。妻のパートのほうは最近は忙しさが落ち着いていることもあり、予算くらい。

障害年金は相変わらず審査中。これだけ待たせているのだから、優先してやってもらえないものなのだろうか。

支出

猫の手術があった先月に比べると、だいぶ落ち着きました。

項目予算2020年9月の実績 
食費60,00037,174 
家具・家電20,0000空気清浄機のフィルター 
現金引き出し10,00020,000マイナポイントゲットのためのチャージ 
日用品10,00030,174猫の医療費含む
衣服・美容15,00019,240妻の美容院、かばん
家賃24,61024,610マンションの管理費と修繕積立金
税金00
趣味10,0001,548 
水道、電気、ガス16,00017,079電気6,072+ガス3,118+水道7,889
交通費14,0003,150
保険7000 
医療10,0001,680夫の医療費は手持ちの現金から支出
通信費6,0002,440スマホ2台(請求書未発行のため概算)+チャットワークス月額費用
新聞・書籍7,0000 
交際・娯楽費2,3000
その他00 
合計249,203146,573 

今月はいい感じで支出がおさえられました。14万円台は立派と自画自賛。妻のパート代だけでカバーできます。

食費がやたらと低いのは、マイナポイントゲットのためにチャージしたキャッシュレスを多用したからでしょう。おそらく、今月の現金引き出しと食費を足したのが食費ではないかと思います。

この調子でやっていければいいですね。

夫の働き方は相変わらず模索中

夫は相変わらず患っている状態でなかなかよくなりません。その中で、クラウドワークスの新しい案件をとったおかげか、収入は増加。

まあまあクライアントとも仲良くやっているので、収入を増やすことも可能そうです。

ただ、収入を増やして体調を崩したのでは本末転倒。いい感じのところで抑えられればいいのですが。

猫はかなり元気

手術後はかなり痩せて弱っていた我が家の猫ですが、最近は体重も戻り、元気になりました。

前やっていた遊びにも付き合ってくれるようになり、ほぼ完全復活ではないかと。お金はかかりましたが、手術はやってよかったと思います。

定期的な検診では腎臓の数値は上限か少し上ですが、腎臓の機能は回復しないので、このまま保っていければ御の字だそうです。できるだけ長く一緒にいたいので、猫の医療費についてはけちらずに使っていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました