2020年の生活費の目標について(2020年版)

セミリタイア

セミリタイア生活を送るためには何はなくとも生活費だけは確保する必要があります。まずは必要な資金の見積もりと、現在の状況を比較してみました。

セミリタイア生活だからと言って困窮した生活にはしたくない

我が家はセミリタイア生活を目指してはいるのですが、それイコール必要最小限の資金で貧しく生きていくということにはしたくないと思っています。

必要なところにはお金をかけつつ、必要ないところにはお金をかけないというのが理想かと。

必ずどこかに無駄はあるはず

とはいえ、どこかに無駄は必ず存在しているはずです。

それをあぶりだすためには平均的な生活費と比べてみるのがいいかと思いました。

我が家の生活費を平均と比較

そこで、我が家の生活費を平均と比較してみました。平均はこちらのHPにのっている30代二人暮らしのものを使っています。

我が家の生活費は2019年12月のものを使いました。マネーフォワードMEを使って集計しています。単位は円です。

項目我が家平均
家賃24,610110,000
食費68,86160,000
水道, 電気, ガス16,05413,000
交際費・娯楽費2,33635,000
通信費7,27924,000

これだけ見るとそれほど悪くない、というか結構優秀に見えます。

一番大きいのは家賃で、持ち家のためにマンションの修繕積立金と管理費だけで済んでいるのが大きいです。

また、通信費が安いのは格安SIMのおかげでしょう。

平均に現れない支出が結構ある

ただ、この平均に現れない項目が結構あって、それが家計を圧迫しています。

項目費用
家具・家電45,975
現金引き出し30,511
日用品29,753
衣服・美容26,670
税金23,593
趣味21,321
交通費14,265
保険10,700
医療8,831
新聞・書籍6,995

この辺りを入れると結構な額に。

良く世の中で出ている「家計」って含んでいるものと含んでいないものがあって単純比較が難しかったりします。このため、自分で目標を決めてやっていくしかないのでしょうね。

2020年の目標の生活費

2020年の目標は以下のようにしたいと思います:

項目2019年2020年の目標備考
食費68,86160,000少し抑える
家具・家電45,97520,0002019年は大きいものをいろいろ買ったので2020年は抑えられるはず
現金引き出し30,51110,000ほぼキャッシュレス生活なので現金はそれほど必要ないはず。
日用品29,75320,000ペット費用含むので大きくは抑えられないが、サプリをやめたので少し抑えられるはず。
衣服・美容26,67015,0002019年は眼鏡を良いものに変えたので膨らんだ。2020は抑えられるはず。
家賃24,61024,610現状維持
税金23,59323,593下げたいけど下げられない。
趣味21,32110,0002019年は大きいものを買ったが、2020年は抑える。
水道, 電気, ガス16,05416,000大きくは変わらない。
交通費14,26514,000帰省費用があるので仕方ない。
保険10,70010,700積立保険なので継続。
医療8,83110,000抑えたいが抑えられない。
通信費7,2796,000少し抑える
新聞・書籍6,9957,000現状維持?新聞やめる?
交際費・娯楽費2,3362,300現状維持
合計337,760249,203

少し高めにつけていますが、これに比べて実際がどうなるか、一年後が楽しみです。毎月の結果とも比較したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました