薬がエビリファイに変更、障害年金の診断書は発行されず。。。

エビリファイとイフェクサーSR病気

定例の主治医の診断を受けてきました。今回は検査結果に基づいて薬がエビリファイというものに変更されました。また、懸案の障害年金の診断書は発行されず。。。

光トポグラフィー検査の結果に基づいてエビリファイという薬に変更

前回の記事でも書いたとおり、光トポグラフィー検査を受けてきてその結果が主治医のところに郵送されているはずでした。

ところが、届いてたのに気づかなかったのか「今日届いていた」とのこと。

そこは深く突っ込まないとして、主治医からは病状は双極性障害ではないけど、処方する薬はこの光トポグラフィー検査の結果に基づいて双極性障害や統合失調症にも使われるエビリファイに変えてみてはどうかと提案されました

双極性障害や統合失調症の薬といわれるとかなり身構えてしまうところがありましたが、実はこのエビリファイはうつ病の治療としても認められている薬なのだそうです。

これまではイフェクサーSRを37.5 x 2 mg飲んでいましたが、とりあえずこれを37.5 x 1 mgにし、エビリファイを1mg飲むことに。

まだ飲み始めたばかりなので効果はわかりませんが、SSRIとかSNRIに比べると効果が出るのが速いそうです。

これまでパキシル、サインバルタ、イフェクサーといろいろとSSRIとかSNRIを飲んできましたが効果をあまり感じなかったため、エビルファイには期待したいところです。

エビルファイの効果の前にイフェクサー減らしたから離脱症状が出ると思います。それが憂鬱です。。。

障害年金の診断書は今回も発行されず

半年以上前からお願いしていた障害年金の診断書は今回も発行されませんでした。

サクラダファミリアと我が家で呼ばれている呼び名は変わりません。。。

ただ、もう下書きはできているといっていたのと、次回は診断書の費用が掛かることをいっていたので、おそらく次回は発行されるかな、と思います。

診断書が出たところでそれが通るかというと、障害年金がもらえるかどうかは確実なことは言えないそうです。

私の場合、本人は苦しいかもしれないけど段階をつけるなら1番下の症状だそうで、通らない可能性もあるのだそうです。

障碍者手帳は持っていますが、これを持っているからと言って障害年金がもらえるものではないらしく。。。

もちろん、障害年金が不要なくらい回復すればそれが一番ではあるのですが、5年もずっと病気に苦しんでいて、今のところあまり良くなるという展望はありません。

新しい薬が効いてくれることを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました