障害年金申請のための診断書と検査

夫はプロフィールにある通り何やかんやと精神的な病気があり、5年くらい苦しんでいます。セミリタイアするにあたって当面は仕事をたくさんすることもできないので障害年金を申請しようとしています。その現状と経緯です。

スポンサーリンク

半年以上発行されない診断書

診断書をお願いしたのはかかりつけの心療内科です。こちらの病院には発症した時からずっと通っています。

で、2019年の6月に作成をお願いしたのですが、そこから半年以上たってもまだ発行されていません

先生曰く、診断書を作ってほしいという人が多くてなかなか作れないとのことです。

このため、診察の時に少しずつ一緒に作っていくというスタイルになっています。この病院しか知らないのですが、こういうものですかね?

我が家では、

夫

これはサクラダファミリアだね。

と言ってます。

診断結果の裏付けのために知能検査等を受けることに

ようやく完成が近いとなった昨年の11月のこと、診断書の病名欄に書く病名の裏付けをとるために、大きな病院に行って検査を受けてくるように言われました。

夫

ん?5年以上こちらに通っているんだけど、いまさらそんなことをするのか?今までは病名も確定せずにやっていたのか?

という気持ちもありましたが、障害年金は審査が厳しくなっていることもあり他の先生や検査の裏付けがあった方がいいといわれると受けざるを得ず。。。不安障害と鬱のせいで外や新しい場所に行くのもつらいのだけど。。。

受けてきたのは、

  • 知能テスト
  • ロールシャッハテスト
  • 光トポグラフィー検査

の3つです。

知能テストはいわゆる知能指数(IQ)が出るやつです。これによってうつ病とか不安障害がわかるというよりは、自分の得意/不得意分野を知ったり、うつ病によって極端にどこかの能力が低下しているとかがわかるみたいです。

ロールシャッハテストはインクの染みをみて何に見えるか答えるやつですね。これは自分の考え方の傾向とかを知ってどう生きていくのが楽なのかを知るのに役立つとか。

光トポグラフィー検査は比較的新しいもので、脳の血流を見て診断するのだとか。血流の変化によってうつ病とか双極性障害とかがわかるみたいです。

この3つを1日でできると楽でいいのですが、疲れるので2日に分けた方がいいといわれました。

結果、

夫

確かに疲れました。。。

2日に分けて正解でした。

検査結果が出るのに1か月ほどかかる

これらの検査は受けたら即結果が出るものではなく、12月頭に受けたため年末で立て込んでいたこともあり、結果は1か月後となりました。

これを入手できれば診断書を書いてもらえて障害年金が申請できる!というのはもちろん、結果が少し楽しみなところもあります

知能指数なんていままではかったことはないですし、ロールシャッハテストで自分の深層心理(?)が知れるのも面白そうです。光トポグラフィーはもしかすると別の病気がわかったり?とかも期待しています。

追記: 結果が出ました

コメント

タイトルとURLをコピーしました