2020年7月31日の日記 祈りの幕が下りる時を見た

認知行動療法を兼ねたうつ病&不安障害&自律神経失調症&HSPの日記です。

スポンサーリンク

今日の出来事

7月も今日で最後。そして同時に梅雨も最後らしい。本当に雨が多くてじめじめした一か月だった。8月はいい天気の日が増えるみたいなので体調にもいい影響があると良いなぁ。そして、障害年金の審査結果よ、お前はいつ来るのだ。

午前中はブログの更新と読書。クラウドワークスは相変わらずの谷間にはまりこんでいてやることがない。もう少しこっちを効率的に働かせるように管理する方がするべきだと思うのだけど。

本は和田秀樹の「不安にならない技術」を読む:

森田療法とアドラー心理学の紹介といった感じの本。アドラー心理学の、自分ではどうしようもないことは放っておいて自分でどうにかできることをしようという考えには同意する。が、実践しようと思うと難しい。。。そういえば昔アドラー心理学をテーマにしたドラマがやってたけどあれはひどかった。。。森田療法は興味はあるのだが、果たして今の自分に合っているのかわからず。そして、どこにいけばこれを受けられるのかもわからず。

いずれにせよ、どうなるかわからない未来のことを不安に思うよりも、目の前のことをやっていくのだ、というのは両方に共通することだと思うので心がけていければいいと思う。

昼ご飯の後、少しだけ一人で散歩に出る。昨日の診察(といっても電話診察)で疲れたのかいまいち調子が悪い。ふらふらが強く、とりあえず行けるところまではいったが、いまいちだった。

午後からは東野圭吾の「祈りの幕が下りる時」の映画版を見る。

今時なかなかない重厚な作りの刑事&人間ドラマで面白かった。このシリーズはほとんど見てきた気がするが、どれもはずれがなかったように思う。本ももう一回読み直してみようか。

その後ギターを弾くが、調子が悪いせいかいまいち楽しめない。技術的な練習を主にして終わらせる。もうちょっと練習曲の分量を増やそうかとも思う。どうも技術が足りないような気がする。

リングフィットアドベンチャーも調子の悪さを考慮して控えめにしておく。昔のステージのやり残しを主にこなしてコンプリートを増やしておく。それにしてもなかなか筋肉がついた感が見た目に出ない。2か月くらいじゃダメかな。

夜ご飯は親子丼を作る。なかなかおいしくできた。親子丼は最後の卵をとろとろにする具合が難しい。親子丼専用鍋を使うといいのかもだが、他に使えないものを増やすのは気が進まず。とりあえずおいしかったからいいかな。

良かった出来事

  • 親子丼がおいしくできた

つらかった出来事

  • 昨日の診察で疲れたのか、調子がいまいちよくなかった

今後にいかせること

  • アドラー心理学と森田療法にのっとり、先のことを不安がるよりも目の前のことをやることに集中したい

点数

-1点

コメント

タイトルとURLをコピーしました